ソフトバンクG、楽天、荏原製など/本日の注目個別銘柄

2020年8月12日 16:48

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


<9984> ソフトバンクG 6192 -169大幅続落。前日に第1四半期決算を発表、税引前利益は8330億円で前年同期比50.9%減となったが、純利益は1兆2557億円で同11.9%増だった。アリババ株のデリバティブ決済益一巡で税引前利益は大幅減益だが、純利益はスプリントの支配喪失益計上などで増益に。注目される投資ファンド事業が1296億円を確保しており、決算に対する悪影響は限定的。ただ、米主要ハイテク株の軟化などが本日は逆風になった。

<4755> 楽天 983 -83急反落。前日に上半期決算を発表、最終損益は275億円の赤字となり、前年同期実績1002億円の黒字から大幅に悪化、9年ぶりの赤字転落となった。4月サービス開始の携帯電話事業の赤字が響いた。物流施設への投資負担なども重しに。投資負担による収益の悪化は想定線であるが、モバイル事業の赤字幅は想定以上とみられ、コロナ禍におけるEC事業拡大への期待が高まっていたことからも、ネガティブな反応が先行している。

<6361> 荏原製 2912 +298急騰。前日に上半期決算を発表、営業利益は137億円で前年同期比5.3%増、第1四半期の同22.8%減に対して、4-6月期は同71.8%増と急回復し、市場予想を上回る水準になった。風水力事業における収益性改善が寄与した。いったん取り下げた通期見通しを公表、営業利益は300億円で前期比15.0%減とし、取り消し前の水準306億円に近い水準に。コロナ禍において想定以上に底堅い業績推移との動きが先行。

<7161> じもとHD 111 +15急伸。前日に第1四半期決算を発表、純利益は7.92億円で前年同期比54.2%の大幅増益となった。据え置きの通期計画17億円、前期比1.9%減に対する進捗率は46.6%に達し、上半期計画の6億円は大きく超過する形になった。貸出金利息や有価証券利息配当金の増加など資金運用収益が増加したことが好決算の要因。与信コスト増加の可能性などから業績予想は据え置いたものの、大幅な上振れが想定される状況に。

<5563> 新日本電工 189 +33急騰。前日に上半期決算を発表、営業利益は39.5億円で前年同期4.1億円の赤字から黒字に転換、前四半期比でも2ケタの増益になっている。また、いったん取り下げていた通期予想を公表、営業利益は50億円(前期は55.7億円の赤字)とし、取り消し前の水準30億円を上回っている。同様に未定としていた期末配当金は3円とし、復配の予想にもなっている。想定以上の収益拡大にポジティブなインパクトが先行。

<6728> アルバック 3890 +570急騰。前日に20年6月期の決算を発表、営業利益は160億円で前期比33.0%減益となり、5月14日に150億円から120億円に下方修正しているが、修正前の水準も上回る着地になっている。売上減少を想定より抑えられたほか、固定費の削減も進めたようだ。21年6月期は150億円で同6.0%減益の見通し。実績値が上振れした分、市場予想を20億円程度上回る水準になっている。

<9069> センコーHD 880 +71大幅続伸。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は42.3億円で前年同期比15.3%減益となった。一方、未定としていた業績見通しを公表、上半期は92億円で同11.1%減、通期では202億円で前期比2.2%減益と見込む。年間配当金も前期同様に26円とした。通期予想は市場予想を20億円程度上回り、ストレートにポジティブな評価に。同社はアパレル関連の物流に強みとされ、衣料品販売低迷の影響も懸念された。

<4541> 日医工 1224 -60大幅反落。前日に第1四半期決算を発表、コア営業利益は7.3億円で前年同期比61.2%の大幅減益となっている。据え置きの通期予想は75億円で前期比6.5%減益であり、想定以上の低調な滑り出しと捉えられている。2度の薬価改定による薬価引き下げ、新型コロナ感染拡大の影響などが響いた。Sagentグループに関しても、新型コロナウイルス関連製品の売上伸長はあったが、引き続き赤字が残る形になっている。

<6175> ネットマーケ 542 -54大幅反落。前日に20年6月期の決算を発表、営業利益は7.3億円で前期比73.3%の大幅増益となり、6月8日に公表した水準を上回る着地になっている。一方、21年6月期は5-8億円のレンジ予想としている。「Omiai」のテレビCMの詳細が確定できず、投資効果なども予測できないことが背景。中心値は前期比2ケタの減益となっているため、収益急拡大局面は一服との見方が優勢になっている。

<3981> ビーグリー 2024 -266急落。マザーズ上場で漫画アプリを運営するAmazia<4424>がストップ安と急落しており、電子コミック配信「まんが王国」を運営している同社も連れ安する形になった。AMAZIAは前日に第3四半期の決算を発表、好決算だったものの材料出尽くし感が強まる状況に。同社は明後日に上半期決算発表を予定、好決算期待で足元の株価は一段高となっており、同様に決算が出尽くし材料につながるとの懸念が台頭した。《US》

関連記事