「ピングー展」松屋銀座で、原画やスケッチ&ピングー制作秘話にまつわる約400点の資料

2020年8月10日 16:18

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 人気キャラクター“ピングー”40周年を記念した展覧会「ピングー展」が、2020年8月12日(水)から8月24日(月)まで松屋銀座8階 イベントスクエアにて開催される。東京展開催後、全国に巡回予定だ。

■世界中に愛される「ピングー」

 スイスの映像作家、オットマー・グットマンによって1980年に誕生した「ピングー」は、南極を舞台に、ペンギンのピングーとその仲間たちの愉快な日常を描いたストップモーション・アニメーション。日本を含む世界155ヶ国以上の国と地域で放送された世界的な人気作品だ。

■ピングーの魅力がたっぷり詰まった展覧会

 「ピングー展」では、そんな「ピングー」の魅力をたっぷりとお届け。原作者オットマー・グットマン所縁の資料展示に加え、当時スイスのスタジオで使われた本物のクレイ人形やジオラマ、フィルム、日本初公開の原画や絵コンテ等、「ピングー」制作の貴重な資料約400点が集結する。

 エントランス
エントランスで出迎えてくれるのは、ピングーのオリジナルアニメーション。南極に住むピングーと仲間たちが、彼らが暮らす世界へと誘ってくれる。

 第1章 ピングー誕生秘話
「第1章 ピングー誕生秘話」では、原作者のオットマー・グットマンにまつわるエピソードや、オットマー直筆の字コンテやメモ表、絵コンテ、クレイフィギュア、ジオラマ、パイロット版映像といった制作資料を初公開。オットマーとスタジオのスタッフがどのようにしてピングーを生み出していたのかを紐解く。

 第2章 ピングースタジオとピングーのこだわり
「第2章 ピングースタジオとピングーのこだわり」では、ワンシーンを再現したジオラマや、ピングースタジオで使用していた撮影台の模型を展示することで、制作過程や撮影方法を紹介。また、ピングーと仲間たちの無邪気で多彩な表情を集めた「ピングー百面相」や、アフレコ収録シーンを映像で展示し、「表情」と「声」という「ピングーのこだわり」に迫る。

 第3章 クレイの部屋
ピングーの伸縮自在で愉快な体の動きは、クレイの特性を活かした表現。「第3章 クレイの部屋」では、グーンと伸びたり、平たく潰れたり、自由に表現された体の動きを「時間オブジェ」として展示し、クレイ人形の魅力に迫る。また、人形だけでなく作品を彩る小道具も含め、ピングースタジオのスタッフ手作りのクレイを集結させる。

第4章 3DCGアニメーションとこれからのピングー
「第4章 3DCGアニメーションとこれからのピングー」では、2017年より日本で制作された3DCGアニメーション「ピングーinザ・シティ」の魅力を紹介。クレイの質感やコマ撮りの動きなどの特徴を追求しながら、ピングーの世界観をCGで作り上げた。CGならではの躍動感も加わったピングーの世界を、オリジナル編集映像やAR体験などを通じて楽しむことができる。

■グッズショップ「ピングーマルシェ」

 会場には、「ピングー展」限定グッズや先行商品など約250点を取り揃えるグッズショップ「ピングーマルシェ」も登場。100体限定の「Pingu 40th フィギュア」をはじめ、宝物の“くま”と“うさぎ”を愛おしそうに抱いたピングーとピンガのぬいぐるみや、南極の氷世界をイメージしたウォータードームなどが並ぶ。

 人気ブランドとのコラボレーショングッズにも注目。「リバティプリント」にピングーを刺繍したミニトートバックや、「カリタ」のHASAMIマグカップ&ドリッパー、「アイスウォッチ(Ice-Watch)」のフェイスモチーフ腕時計、「アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)」のピングー柄サコッシュなどが手に入る。

■開催概要

 「ピングー展」

■東京

期間:2020年8月12日(水)~8月24日(月)
時間:営業日、開場時間は松屋ウェブサイトに記載。※最終日は17:00閉場※入場は閉場の30分前まで
会場:松屋銀座 8階 イベントスクエア(東京都中央区銀座3-6-1)
※東京開催以降は全国を巡回予定。※詳細は決まり次第、随時発表。※内容は変更となる可能性有り。
グッズ例:
・Pingu 40th ぬいぐるみ ピングーとくま 4,000円+税、Pingu 40th ぬいぐるみ ピンガとうさぎ 3,600円+税
・Pingu 40th ウォータードーム 3,500円+税
・Pingu 40th アイスウォッチ 16,800円+税
・Pingu 40th アウトドア サコッシュ 5,800円+税、Pingu 40th アウトドア デイパック 9,800円+税
※商品デザインは多少変更となる可能性がある。

■チケット情報

入場料:一般1,300円(1,000円)、高校生700円(500円)、中学生500円(400円)、小学生400円(300円)
※( )内は前売料金。チケット販売詳細は決定次第改めて告知。
※入場は日時指定制(事前予約制)。来場前にローソンチケットにて入場券を購入。
・前売日時指定入場券
ローソンチケット(Lコード 38888)にて8月1日(土)午前10:00から8月11日(火)まで販売予定。
・当日日時指定入場券
ローソンチケット(Lコード 38888)にて8月12日(水)から8月24日(月)まで販売予定。
※チケットを持っていない場合、物販コーナーへの入場は不可。

【問い合わせ先】
松屋銀座
TEL:03-3567-1211(大代表)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーション松屋銀座

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース