バルムング 2020-21年秋冬コレクション - 観念的な“時間”の象形

2020年8月6日 20:19

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 バルムング(BALMUNG)は2020-21年秋冬コレクションを発表した。

■Time - “時間”のイメージ

 バルムング2020-21年コレクションのテーマは“Time”。過去と現在、未来の関係性、地球の創生、記憶の断片...デザイナー・ハチの中に存在する観念的な“時間”のイメージから着想を得たアイテムを展開する。

 コレクションを通して特徴的なのが、構造的な仕立てだ。異素材を組み合わせ、片方のスリーブを省き、身頃に穴を開けたトップスはその好例。前衛的なパターンメイキングでありながら、洋服としての絶妙なバランスを保った、ユニークなルックスが存在感を放つ。

 異なる素材の切替し、重ねから生まれる有機的なディテールも目を惹く点だろう。キルティングコートのポケット部分やスリーブは、裁ち切ったキルティングのテキスタイルをそのまま貼り付けたようなパーツで構成。切りっぱなしの裁断面から感じる“不完全さ”は、洋服たちにアクセントを加える要素となる。

 バルムングのシグニチャーアイテムの一つであるハイネックのビッグパーカーは、塩縮加工を施したナイロン生地で仕立てた。塩縮加工によって漂うヴィンテージ感も、ハチの中にある“時間”のイメージを再現したものだ。

■SF感のあるシルバーやゴールド

 また、カラーパレットは“SF感”を意識したというシルバーやゴールドを積極的に取り入れている。メタリックな質感の素材を併せることで、ビジュアルが伝達する“SF”のイメージをさらに加速させる。

■道端に咲く花をモチーフに

 また、毎シーズン展開している、ハチが街中で偶々見つけた花をモチーフにしたデザインは今季も健在。名前は知らずとも人の目に留まる道端の美しい花を、華やかに服の上に乗せた。

■アクセサリーブランド・モッコとのコラボアイテムも

 さらに、今季はアクセサリーブランド・モッコ(mocco)とのコラボレーションによる水晶石を使ったアイテムもラインナップ。リングやネックレス、ブレスレットなどを用意する。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションバルムング(BALMUNG)

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース