Qualcomm、Huaweiとクロスライセンス含む長期の特許ライセンス契約

2020年8月2日 08:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Qualcommは7月29日、Huaweiとの特許ライセンスに関する紛争が解決したことを2020会計年度第3四半期(6月28日までの3か月間)の決算発表の中で発表した(ニュースリリース決算報告書: PDFThe Registerの記事Bloombergの記事)。

Qualcommによれば、Huaweiとは7月に和解合意に達し、全世界を対象とした長期間の特許ライセンス契約を結んだとのこと。契約は2020年1月1日以降の売り上げをカバーするもので、Huaweiの特許をQualcommにライセンスするクロスライセンスを含む。和解合意および2020年3月~6月の四半期分のライセンス料を合わせ、Qualcommの収入は推計およそ18億ドルになるという。

Huaweiはライセンス料を支払ってQualcommの特許を使用していたが、The Registerによると2017年から支払いが止まっていたそうだ。2019年にはHuaweiが四半期当たりライセンス料として1億5千万ドルを支払うことで暫定合意しており、今回の和解合意はこの件に関するもののようだ。 

スラドのコメントを読む | モバイルセクション | ビジネス | ハードウェア | YRO | パテント | 携帯電話

 関連ストーリー:
ファーウェイは追い詰められても特許裁判を利用して反撃する 2020年07月20日
仏、伊、英で5Gネットワークからファーウェイ製品排除の動きが強まる 2020年07月15日
米FCC、HuaweiとZTEを国家安全保障上の脅威と認定 2020年07月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードQualcommファーウェイ(Huawei)特許

関連記事

広告