DS3 クロスバックの純EVモデル「E-Tense」発売

2020年7月30日 18:15

小

中

大

印刷

DS3クロスバックE-Tense(画像:Groupe PSA Japan発表資料より)

DS3クロスバックE-Tense(画像:Groupe PSA Japan発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 グループPSAジャパンは29日、DSオートモビルズブランドより、DS3 クロスバックの電気自動車モデルである「E-Tense」を発表し、販売を開始した。

【こちらも】VW、新たなコンパクト・クロスオーバーSUV「T-Roc」を発売

 DS3は、2009年にシトロエンブランドのコンパクトカーとして誕生。おしゃれで小回りが利きやすく、街乗りに向いた1台として、輸入車業界で人気を得ていた。2019年からはシトロエンから独立したDSブランドの「DS3 クロスバック」として販売を続け、2020年にEV版が誕生。さらなる進化を続けている。

 DS3 クロスバックE-Tenseは、「エレクトリック・エレガンス」がアピールポイントだ。EVとなってもオリジナリティあふれるエクステリアや、魅惑的な室内空間など、洗練されたスタイルを前面に押し出している。

 次世代コンパクトプラットフォームCMPをEV版の「eCMP」へとスマートに作り替えており、新時代のコンパクトカーという雰囲気が漂う。乗っていて心が落ち着くような上品な見た目に、魅力を感じるドライバーもいるだろう。

 モーターと50kWhのリチウムイオンバッテリーを組み合わせた結果、最大出力136PS、JC08モードによる航続距離は398kmとなる。1度のフル充電での持ちの良さは、DS3特有の使いやすさをさらに引き立てる要因になるだろう。

 2560mmのホイールベースや、全長4120mm×全幅1790mm×全高1550mmのボディサイズのおかげで、立体駐車場にも収められる。フル5シータークラスではトップクラスの約350Lのラゲッジスペースにも注目したい。都会的なビジュアルと実用性の高さが、生活面での使いやすさにもつながるだろう。

 DSでは今回発表の新車について、2020年9月末日まで先行商談申込キャンペーンを展開。公式サイトの専用フォームへ申込むと、ネスプレッソのコーヒーセットを抽選で2名にプレゼント。レシピグラス2個やコーヒーメーカー、オリジナルアイスコーヒーセット50杯分からなる贈り物だ。

 価格は受注生産であるソーシックが499万円、運転サポート機能を揃えたグランシップは534万円。

関連キーワード電気自動車DS3

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • Mazda3 2.5 Turbo(画像: 北米マツダの発表資料より)
  • 名古屋大学と三井化学、フレンドマイクローブの3者で開発された3Dマスクの「θ」のカラーバリエーション例。(画像: 発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース