カルロス・ゴーン逃亡事件、逃走支援者の給与支払いはビットコイン

2020年7月28日 21:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

元日産自動車会長であるカルロス・ゴーン被告の逃亡を手助けした元グリーンベレーのマイケル・テイラー容疑者とその息子への裁判過程やインタビューなどから、逃亡事件の詳細が明らかになりつつある。その過程でゴーン被告が暗号資産を活用していたことが分かった(読売新聞日テレNEWS24コインテレグラフ)。

裁判資料によると、ゴーン被告の息子がテイラー親子にビットコインで送金していたという。ビットコインで支払われたのは報酬の一部で50万ドル相当(約5300万円)だったとされる。テイラー親子にゴーン被告が支払った総額は総額136万ドル(約1億4490万円)だったとされている。

なお、コインテレグラフの過去記事によれば、ゴーン被告が逃亡を決断したきっかけの一つがMt. Gox(マウントゴックス)事件だったそうだ。マウントゴックスのマルク・カルプレス元社長と自分の境遇を照らし合わせた結果、逃亡を決意したのではないかとしている(コインテレグラフその2)。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | 犯罪 | お金

 関連ストーリー:
日産リーフの「急速充電し放題」サービス終了に対し批判の声 2020年05月08日
日産のカルロス・ゴーン会長、金融商品取引法違反の疑いで逮捕される 2018年11月20日
ボットによる偽の取引でビットコイン取引価格が操作されていた可能性が指摘される 2018年01月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード日産自動車カルロス・ゴーン

関連記事

広告