NY原油、コロナ感染拡大で上値重い サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)

2020年7月13日 16:40

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:40JST NY原油、コロナ感染拡大で上値重い サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)
皆さん、こんにちは。フィスコリサーチレポーター花田浩菜の気になるレポートです。今回は、NY原油についてのレポートを紹介します。

陳さんは、まず石油輸出国機構とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」について、『原油価格の押し上げに向けて、5月から日量970万バレル(世界需要の10%に相当)の減産を6月末まで実施するとしていたが、7月末までの延長を決定した』と伝えています。『過去最大規模の協調減産を実施しているが、8月に減産量を縮小する可能性があるとのことで、その要因について『NY原油が40ドル台で推移していること』を挙げています。

また、『米国の在庫は増加傾向にある』として、『9日に米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間在庫統計では、原油在庫が570万バレル増だった』と述べています。一方、ガソリン在庫については『80万バレル減少していた。ただ、メキシコ湾岸の原油在庫は500万バレル増加し、過去最高を記録した』と説明しています。

続けて、『米エネルギー情報局(EIA)は、世界の原油需要は2021年末にかけて回復し、同年第4四半期までに需要は日量1億0110万バレルになると予想した』と伝えています。『世界の原油需要は従来予想よりも速いペースで回復を続けていると見込んでいるが、新型コロナ第二波の影響を背景に需要が盛り上がって来ない』とのことで、『米国の新型コロナウイルス感染者数が急増し、原油需要の急速な回復期待が後退している』と言及しています。

米国の新型コロナウイルス感染者については、『米国のジョンズ・ホプキンス大学によると、米国の新型コロナウイルス感染者数は8日、累計300万人を超えた。7日には6万人を超える新規感染が報告され、1日の感染者数としては過去最多を更新した』とのこと。『死者は13万人を上回り、感染者とともに世界最多。テキサス、フロリダなど南部や西部を中心に感染が深刻化しており、一部地域では経済活動の再開が一時中止されている』と現状を伝えており、『経済再開の動きが停滞し、景気回復の遅れが懸念されている』と指摘しています。

こうした背景から、『ファンドも強気になりきれないようだ』と考察し、『OPECプラスが減産延長を決定しても、CFTC建玉による買い越しは増加していない』と分析しています。テクニカル的には、『3月に生じたギャップの上限42.17ドルが上値抵抗線になっている』と解説しています。

今後のNY原油については、『減産により下支え効果と新型コロナ拡大による需要減退という弱材料に挟まれて、NY原油はレンジ相場を抜け出そうにない』と考察。当面の予想レンジについて、『35~45ドルのレンジで推移する』と予想しています。

参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の7月10日付「NY原油、コロナ感染拡大で上値重い」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 花田浩菜《HH》

関連記事

広告

財経アクセスランキング