JR東が時間帯別運賃の導入検討へ 定期代収入減る可能性も考慮

2020年7月8日 21:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

nagazou 曰く、 新型コロナウイルスによる景気の悪化で、JR東日本が時間帯別運賃を検討しているという。とく新幹線と特急列車の利用者数の減少が著しく、1年前と比べて新幹線で72%、特急列車で73%も利用者が減っているとされる。6月の鉄道営業収入は前年同月比の43.5%減で640億円減ったそうだ(NHKSankeiBiz)。

その対策として、現在の距離別の料金体系に加え、ラッシュアワーに運賃を高くする制度の導入も選択肢の一つとして考えているとしている。また企業によるテレワークなどの導入が進むにつれ、定期代の支給をやめるなどの制度の変化も起きており、JR東日本としての定期代収入なども変化していくものとみられている。

時間帯別運賃であれば、ピークを分散させることで新型コロナウイルスにもつながるという。ただこうした案は検討課題でしかなく、実際に導入されるかどうかについては不明。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 交通 | お金

 関連ストーリー:
富士通、テレワークを働き方の基本にする方針。3年でオフィス面積を半減へ 2020年07月07日
ビジネスチャットで「うーん」や「ふむふむ」などの言葉は使うべきか 2020年07月04日
ローディングサークルを出してオンライン会議を離脱できるグッズ 2020年06月24日
ホンダでサイバー攻撃が発生か。リモート勤務ができないので有給推奨 2020年06月12日
「テレワークをしたくない」理由、対面じゃないとコミュニケーションできない&残業代が欲しい 2020年06月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードJR東日本新型コロナウイルス

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース