ライフ RSS

 

大学受験を勝ち抜くため、ロールモデルを設定しよう!

2020年7月3日 07:05

小

中

大

印刷

■合格への道筋は、「あの人」のマネをすること

 大学受験生の戦いは孤独である。がんばったのに、模試で成績が落ちると凹む。偏差値が上がると、舞い上がる。でも、そんな数字で一喜一憂するなら、ぶれない目標を定めて、そこをめざして孤独な戦いを戦いきろう。その不動の目標が「ロールモデル」だ。

【こちらも】大学入試、「骨太なモチベーション」が合格を勝ち取る!!

■古来、「学ぶ」とは、マネをすることであった

 大学受験生なら、古文単語でやっているだろうが、「学ぶ」は、古語の「まねぶ」からきている。師匠や先輩のふるまいをマネて、芸を、技を、「まねぶ」。つまり、パクリである。日本の伝統にならって、見習いたい人物をパクッて、志望校への最速最短ルートを突き進もう。

 志望校の出身者で活躍している人物、あこがれの芸能人、好きなスポーツ選手、何でも良いので、「この人をパクれば成功する」という人物をきめて、日常生活に取り入れよう。あの人のこの部分、この人のあの部分、と複数のロールモデルのパーツをマネても良いだろう。

 大事なのは、「社会的に成功している人」をマネることだ。いくら素晴らしい人物でも、英語の田中先生、などは成功するイメージがつかみづらいし、マネようにも個人の情報がつかみづらい。よく知られた人物なら、ネットで調べれば、いろいろと情報が出てくる。毎日食べているものとか、日課にしていることとか、マネしやすいことから実行してみると良いだろう。100%はムリでも、1%でもマネることができれば、その人の1%分の成功を手にできる。

■ロールモデルでモチベーションアップ!

 大学受験、第1志望校合格の秘訣は「モチベーション」の持ち方だと以前の記事で書いたが、良いロールモデルを設定すれば、高いモチベーションを維持してくれる。「あの人はあんな困難から立ち上がったんだから、自分なんか…」偏差値ぐらいでへこたれることもなくなる。

参考: ロールモデルとは? ロールモデルの効果&探す方法(記事:大学受験国語のフットプリンツ 谷村長敬・記事一覧を見る

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース