30日の日本国債市場概況:債券先物は151円95銭で終了

2020年6月30日 17:35

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:35JST 30日の日本国債市場概況:債券先物は151円95銭で終了
<円債市場>
長期国債先物2020年9月限
寄付152円09銭 高値152円10銭 安値151円94銭 引け151円95銭
売買高総計18346枚

2年 413回 -0.145%
5年 143回 -0.105%
10年 358回 0.020%
20年 172回 0.405%

債券先物9月限は、152円09銭で取引を開始。財務省の2年債入札と日銀の7月国債買入方針発表を控えて売りが優勢になり、152円10銭から151円94銭まで下落した。株高・円安展開も売りにつながった。2年債入札は順調な結果だったが、買い戻しは限定的となった。現物債の取引では、2年債が買われ、5年債、10年債、20年債が売られた。

<米国債概況>
2年債は0.14%、10年債は0.63%、30年債は1.38%近辺で推移。
債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.48%、英国債は0.15%、オーストラリア10年債は0.86%、NZ10年債は0.91%。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・18:00 ユーロ圏・6月消費者物価指数速報値(前年比予想:+0.2%、5月:+0.1%)
・18:30 南ア・1-3月期GDP(前年比予想:-0.9%、10-12月期:-0.5%)
・21:00 南ア・5月貿易収支(予想:-98億ランド、4月:-350億ランド)
・22:00 米・4月S&PコアロジックCS20都市住宅価格指数(前年比予想:+3.80%、3月:+3.92%)
・22:45 米・6月シカゴ購買部協会景気指数(予想:45.0、5月:32.3)
・23:00 米・6月消費者信頼感指数(予想:91.4、5月:86.6)
・24:00 ウィリアムズNY連銀総裁オンライン講演
・24:05 ブレイナード米FRB理事が討論会参加
・01:30 ムニューシン米財務長官とパウエル米FRB議長が下院証言(新型コロナウイルス対応)
・03:00 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁とボスティック米アトランタ連銀総裁が討論会参加《KK》

広告

財経アクセスランキング