利食い優勢も投資家の関心はIPOの3社に/東京株オープニングコメント

2020年6月24日 08:53

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:53JST 利食い優勢も投資家の関心はIPOの3社に
 24日の日本株市場は、利食い優勢の展開ながらも、底堅さが意識される相場展開になりそうだ。23日の米国市場では、NYダウが131ドル高となった。トランプ政権が米中貿易第1段階貿易協定の続行を再確認したほか、クドロー国家経済会議(NEC)委員長がウイルス感染第2波の兆候は見られず経済を再度封鎖する可能性を否定したこと、さらにムニューシン米財務長官が真剣に追加救済策を協議しており7月にも可決されるとの見通しを示したことも好感された。シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円安の22505円。円相場は1ドル106円50銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、やや利食い先行の展開になりそうだ。米国市場の上昇は材料視されるが、NYダウは引けにかけて上げ幅を縮めており、ほぼ寄り付き水準で取引を終えている。200日線に上値を抑えられる状況が続いており、まずはこれを突破するのを見極めたいところであろう。また、新型コロナ感染第2波への警戒が根強く、積極的に上値を追いづらい需給状況が続いている。

 一方で、昨日は乱高下をみせたものの、市場参加者が限られていることもあり、速い段階で買い戻しとみられる流れとなった。上値は追いづらいものの、経済活動再開による景気回復期待が根強く、調整局面では押し目待ちの買いも入りやすいだろう。また、短期筋の売り仕掛け的な売買についても、日銀のETF買い入れのタイミングが見極めづらくなっており、売り込みづらい状況であろう。

 そのため、利食い優勢ながらも底堅さは意識されやすく、日経平均は25日線を支持線とした緩やかなリバウンド基調が継続することになりそうだ。なお、本日はフィーチャ<4052>、ロコガイド<4497>、コパ・コーポレーション<7689>の3社がIPOとなる。業種としてはフィーチャが人気化する可能性が高そうだが、いずれも好スタートが予想されている。足元でのマザーズの上昇を見る限り、個人の需給状況は良好と見られ、IPOが好スタートとなれば、資金還流への思惑から、他の中小型株への物色の広がりが意識されやすいところ。《AK》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 「Zaim 一生黒字プラン」の画面イメージ。(画像: Zaimの発表資料より)
  • ジープ・グランドチェロキー「WK 10th Anniversary Edition」(画像: FCAジャパン発表資料より)
  • 紙容器に切り替える弁当(ローソン発表資料より)
  • 200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)
  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース