Flash Playerが12月31日でサポート終了 Adobeはアンインストール推奨

2020年6月24日 07:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Flash Playerのサポートは2020年12月31日をもって終了する。Adobeによるセキュリティパッチの提供なども停止するため、同社はサポート終了前にアンインストールすることを推奨している。今年後半からはFlash Playerのアンインストールを促すメッセージを表示していくとのこと。なお、W3Techsによると、現在のウェブサイトでFlashを使用しているのは全体の2.6%ほどだとしている(PC WatchEngadget)。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | ソフトウェア | IT

 関連ストーリー:
2019年に報告された脆弱性が最も多い製品はAndroid 2020年03月08日
Google Chrome、Flashのサポート終了に向けた情報表示を7月から開始へ 2019年03月28日
人気ゲーム「艦これ」、脱Flashのためお盆にメンテ 2018年08月15日
全世界のWebサイトのFlash使用率が4.9%に低下 2018年04月23日
Flashはオープンソース化されるべきか 2017年07月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティFlashAdobe

関連記事

広告