NHK契約数が大幅減、新型コロナ影響で事業所の解約申し出多数

2020年6月19日 20:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

新型コロナの影響で、NHKの契約者数が大幅に減少しているそうだ。NHKの発表によれば、2020年度5月末の放送受信契約総数は、19年度末の4212万件から8万5000件に減少している。その理由として、新型コロナウイルスにより、「多くの事業所で事業運営に影響が出ていて、相談窓口には休業や廃業に伴う解約や支払い延伸の申し出が多数寄せられている」としている(ITmedia)。 

スラドのコメントを読む | テレビ | ニュース | お金

 関連ストーリー:
日本新聞協会や民放連、NHK受信料の引き下げを求める。受信料が若者のテレビ離れに繋がるとの懸念も示す 2020年05月25日
NHKのネット常時同時配信、インターネット接続端末所有者への受信料負担を必須にするものではないと総務省が回答 2019年12月27日
NHKのBS放送、番組のネット同時配信に向けた「改革」のため4波から3波へ集約へ 2019年12月10日
NHK、「NHKから国民を守る党」党首の立花氏に対し受信料支払いを求め提訴 2019年10月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNHK新型コロナウイルス

関連記事

広告

財経アクセスランキング