三和ホールディングス プラダン組立式間仕切「ファミプラ」に透明パネルを追加

2020年6月18日 14:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:32JST 三和ホールディングス---プラダン組立式間仕切「ファミプラ」に透明パネルを追加
三和ホールディングス<5929>は17日、組立が簡単なプラスチック製ダンボールのパネルを採用した「ファミプラ」に透明パネルを追加して、7月1日よりリニューアルすることを発表。
ファミプラは、必要な時に自由なレイアウトで簡単に組立、設置が可能な避難所間仕切で、避難生活時のプライバシー確保に寄与。耐久性、耐水性と衛生面(拭き上げ可)を評価され、陸上自衛隊にも採用されている。
今回、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、病院の待合室での密集・密接防止、オフィスの打合せスペースでの飛沫対策など、様々な用途に対応できるようにアクリルの透明パネルをバリエーションに追加。
今後は集中豪雨や台風シーズンを迎え、災害発生により避難施設を使用することが想定される中、避難所では密集状態となり新型コロナウイルス感染症の拡大リスクが高い状態になることが予想される。ファミプラは1.8mと十分な高さがあるため、密集・密接状態の回避対策として活躍が期待されている。《ST》

関連記事

広告