ピアズ 子会社がリモートワーク支援の予約・集客プラットフォームサービス『RemoteOffice』を開始

2020年6月18日 13:34

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:34JST ピアズ---子会社がリモートワーク支援の予約・集客プラットフォームサービス『RemoteOffice』を開始
ピアズ<7066>は18日、同社の子会社2Linksが、ワークスペースを使用したいヒトと、ワ
ークスペースとして空きスペースを活用したいヒトをマッチングするリモートワーク空間
の予約・集客プラットフォームサービス『RemoteOffice』を新たに開始すると発表した。

同社は先月、日本全国がコロナウィルス感染症拡大防止の対策に当たっている状況の中、休業している店舗などの空室を一括管理し、“ソーシャルディスタンスを確保した一人で安心して利用できるリモートワーク環境”を提供する事業を行うため、子会社2Linksを設立した。

これは働き方改革の取組みによる社会貢献を使命とする同社が、新型コロナウィルス感染症の拡大防止策にて各企業が実施を始めた新たな働き方であるリモートワークに着目したもの。

コロナウィルス感染症拡大防止の対策に当たっている状況にある飲食業界や、民泊を含むホテルなどの宿泊業、ネットカフェやカラオケなどのサービス業が、営業時間外などの時間帯で店舗内が空席となっているにもかかわらず家賃の借料などの支払いが発生してしまっている状況を支援するもの。

2Linksはこれら遊休スペースを一括管理し、様々な理由によりオフィスや家庭内でリモートワークに従事出来ない方向けに、“新たなリモートワーク環境”を提供する支援事業である予約・集客プラットフォームサービス『RemoteOffice』を開始する。《ST》

関連記事