東京為替:株安などを警戒してドル・円は106円73銭まで下落

2020年6月18日 09:30

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:30JST 東京為替:株安などを警戒してドル・円は106円73銭まで下落
18日午前の東京市場でドル・円は106円80銭台で軟調推移。日経平均は115円安で推移しているが、下げ幅拡大の可能性があることから、一部でリスク回避的なドル売りが観測されている。国内外でウイルス感染拡大の懸念は消えていないことは、ドル反発を抑える一因となっているようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円73銭から107円05銭、ユーロ・ドルは1.1238ドルから1.1250ドル。ユーロ・円は119円99銭から120円41銭。

■今後のポイント
・北朝鮮の挑発的な行動
・欧州などが大規模財政出動
・米政策金利は長期間据え置きの公算

・NY原油先物(時間外取引):高値37.76ドル 安値37.25ドル 直近値37.33ドル《FA》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
  • 星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース