Appleは自前の検索エンジンを持つべきか

2020年6月12日 20:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 taraiok曰く、

 調査会社BernsteinのアナリストToni Sacconaghi氏は、検索エンジンを提供する「DuckDuckGo」をAppleが買収すべきだと主張している。DuckDuckGoはGoogleやBing、Yahoo!に次ぐ米国4位の検索エンジン(9to5MacForbesSlashdot)。

 Appleは、同社製品のWebブラウザのデフォルト検索エンジンとしてGoogleを採用する見返りに、Googleから年間70億ドルから80億ドル(約8600億円)もの協力費を受け取っている。AppleがDuckDuckGoを買収して標準の検索エンジンとした場合、Googleからもらっていた80億こそ失うが、一方でGoogleはApple機器から得ていた150億ドル以上の広告収益を失うことになるという。

 Appleがそのすべてを奪うことは難しいが、これによってGoogleに大きなダメージを与えられる可能性がある。さらに、買収によって得られる潜在的な利益も多いだろうとしている。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ビジネス | Google | 広告 | アップル

 関連ストーリー:
iOSで成人向けWebサイトへのアクセスを制限すると「Asian」や「teen」がGoogle検索できなくなる 2020年02月23日
Google、欧州経済領域でAndroid初回起動時に選択可能な検索プロバイダーを発表 2020年01月11日
DuckDuckGo、ドメインduck.comの権利をGoogleから取得 2018年12月16日
広告を見てくれたら謝礼金を支払う新Webブラウザ「Brave」スタート 2016年04月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAppleYahoo!Bing買収

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • クラウンアスリートG ReBORN PINK特別色モモタロウ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • フォレスター「SPORTS」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
 

広告

ピックアップ 注目ニュース