川崎病の発見者である川崎富作さん、死去

2020年6月11日 18:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 新型コロナウイルスとの関連があるのではないかと指摘されている子供の病気「川崎病」を発見した川崎富作氏が亡くなった。95歳だった(朝日新聞)。

 川崎病は「小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群」とも呼ばれる疾病で、1961年に川崎氏が発見したことかあ「川崎病」と呼ばれる(日本血液製剤機構の解説ページ)。全身の血管に炎症が起こり原因不明の発熱などが発生するという疾病で、現在でも病気の原因はよく分かっていないという。

 スラドのコメントを読む | ニュース | 医療

 関連ストーリー:
日本における「川崎病」の原因は中国からやってきた菌類だった? 2014年05月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード新型コロナウイルス

関連記事