IBM、汎用顔認識ソフトウェアの提供を中止へ

2020年6月11日 06:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米IBMが、汎用的な顔認識ソフトウェアや、顔認識を使った分析ソフトウェア製品の提供を取りやめる方針を決めた。顔認識が監視社会や基本的人権の侵害につながるという懸念を受けての対応だという(ITmediaPC Watch)。

 IBMがこのような決定をした背景の1つに、まだ同社によって顔認識技術を使った製品からの収益は多くないということもあるとも分析されている(TechCrunch)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | IBM | IT | プライバシ

 関連ストーリー:
勾配降下法を使用する機械学習モデルに、誤った識別をさせるような入力を作成することが可能な問題 2020年03月31日
もうマスクでは顔認証からは逃れられない 2020年03月16日
Facebookの顔認識機能に対するプライバシ侵害訴訟、5億5000万ドルで和解へ 2020年02月04日
英国警察による顔認識テストは一般市民に許容されるのか? 2020年01月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIBM

関連記事