やよい軒、自動でご飯をよそう機械を全店に導入

2020年6月9日 17:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 定食屋チェーンのやよい軒が、ご飯を自動的によそう機械を導入する(ITmedia)。

 やよい軒は定食のセルフサービスでのご飯お代わり無料サービスを行なっていたが、新型コロナウイルスの感染拡大ごは店員に申告してご飯のお代わりをもらう形態になっていた。これが「頼みにくい」という話になったために機会を導入したという。一口(50g)、小盛(100g)、並盛(150g)、中盛(200g)の選択が可能とのことで、あとちょっとだけ食べたいという需要にも答えられるものになっている。

 写真を見る限り、導入されたのは不二精気が病院食向けに開発したもののようだ

 スラドのコメントを読む | ビジネス | ロボット

 関連ストーリー:
やよい軒、一部店舗で「ご飯おかわりし放題」を廃止へ 2019年04月17日
東日本・九州から「ほか弁」が消える? 2008年02月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード新型コロナウイルス

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース