アインHD 売り優勢、業績予想引き下げで米系証券が2段階格下げ

2020年6月3日 15:05

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:05JST アインHD---売り優勢、業績予想引き下げで米系証券が2段階格下げ
アインHD<9627>は売り優勢。メリルリンチ日本証券では投資判断を「買い」から「アンダーパーフォーム」に、一気に2段階格下げしているもよう。目標株価は6700円と設定しているようだ。新型コロナウイルスによる短期、中期のリスクを踏まえて業績予想を引き下げ。立地の利便性が鍵だった門前薬局業界の成長性は鈍化し、利益予想は市場コンセンサスを5%程度下回るとみている。再評価の鍵となるのは、患者とのタッチポイントを活かした新規事業の開拓と指摘。《HH》

広告

財経アクセスランキング