日経平均は113円高で始まる、NYダウは米抗議デモ注視だが3日ぶりに反発

2020年6月2日 09:47

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 6月2日(火)朝の東京株式市場は、日経平均が113円13銭高(2万2175円52銭)で始まった。

 NYダウは抗議デモの激化などで一時162.45ドル安まで下げたが、終値は91.91ドル高(2万5475.02ドル)となり3日ぶりに反発した。また、シカゴの日経平均先物は2万2220円となり、1日の東証の日経平均終値を160円ほど上回った。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】タカラレーベンは反落も3Q好決算を手掛かりにバリュー株買いの再燃が有望(2020/01/31)
【株式評論家の視点】リックソフトは今2月期第3四半期業績は順調、日柄調整が進むか注目(2020/01/23)
【編集長の視点】CRGHDは2期ぶり最高業績を1Q決算で確認期待を高め3連騰(2020/02/05)
マクアケは20年9月期大幅増収増益予想で1Q順調(2020/02/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告