米5月ISM製造業景況指数は予想下回る、ドル軟化

2020年6月1日 23:21

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*23:21JST 米5月ISM製造業景況指数は予想下回る、ドル軟化


米供給管理協会(ISM)が発表した5月ISM製造業景況指数は43.1と、2009年4月の景気後退以来の低水準となった4月41.5から上昇したものの予想43.8を下回った。
同時刻に米商務省が発表した4月建設支出は前月比‐2.9%と、昨年6月来のマイナスに落ち込んだものの予想-7.0%を上回った。

事前にマークイットが発表した5月製造業PMI改定値は39.8と、上方修正予想に反して速報値から修正はなかった。過去最低に落ち込んだ4月からは上昇した。

予想を下回った米国の製造業指数を嫌いドル売りが優勢となった。ドル・円は107円75銭から107円64銭へじり安推移。ユーロ・ドルは1.1120ドルから1.1130ドルまで上昇した。


[経済指標]
・米・5月製造業PMI改定値:39.8(予想40、速報値:39.8)
・米・5月ISM製造業景況指数:43.1(予想:43.8、4月:41.5)
・米・4月建設支出:前月比‐2.9%(予想:-7.0%、3月:0←+0.9%)《KY》

広告

財経アクセスランキング