ITBookホールディングスが後場一段高、マイナンバー全口座ひも付け報道など材料視

2020年6月1日 16:37

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■政府が来年の法改正目指すと伝えられ連想買いが再燃

 ITBookホールディングス<1447>(東マ)は6月1日の後場、一段高となり、取引開始後に16%高の515円(73円高)まで上げて再び出直りを強めている。

 マイナンバー(社会保障と税の共通番号)関連株と位置づけられ、「政府、マイナンバー『全口座ひも付け』義務化検討、来年の法改正目指す」(毎日新聞デジタル版6月1日)と伝えられ、連想買いが再燃した。

 「政府は国民が開設する全ての預貯金口座情報とのひも付け(連結)を義務化する検討に入った」(同)という。同社株は、一人10万円の特別給付金の申請手続きでオンライン申請が滞っている自治体のニュースが伝えられた時にも値動きを強めていた。このようなニュースには、今後も折に触れて反応すると期待されている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)
【編集長の視点】スペースバリューHDは2Q上ぶれ業績を見直し3Q決算に期待して続伸(2020/02/07)
インテージホールディングスは調整一巡、20年6月期3Q累計順調(2020/02/14)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想(2020/02/14)
クレスコは上値試す、20年3月期3Q累計順調で通期上振れ余地(2020/02/14)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事