くら寿司の席の注文用端末、Raspberry Pi 4に移行中か

2020年5月30日 10:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 昨今では注文用のタッチパネル端末を設置する飲食店は珍しくないが、回転寿司チェーンくら寿司ではRaspberry Pi 4を使っていると見られる注文端末が使われているという(Togetterまとめ)。

 この端末はRaspberry Piにタッチパネル搭載液晶パネルなどを組み合わせたもののようだ。なお、くらずしは以前はiPadを使った注文システムを導入していたが(三菱電機ITソリューションズ)、少なくともハードウェアのコスト的にはAndroid+液晶パネルの方が大幅に安いようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ハードウェア | IT

 関連ストーリー:
NTTとIPAの「シン・テレワークシステム」、ハードウェアにはRaspberry Piを採用か 2020年05月18日
レンズ交換可能なRaspberry Pi専用カメラ 2020年05月03日
CPUの高速化や4Kサポートが行われた新型「Raspberry Pi 4 Model B」登場 2019年06月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAndroidiPad三菱電機無添くら寿司

広告