NY原油:反発で33.71ドル、クッシングの原油在庫は減少

2020年5月29日 07:40

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:40JST NY原油:反発で33.71ドル、クッシングの原油在庫は減少
NY原油先物7月限は反発(NYMEX原油7月限終値:33.71 ↑0.90)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は、前営業日比+0.90ドルの1バレル=33.71ドルで取引を終えた。取引レンジは31.14ドル−34.21ドル。米エネルギー情報局(EIA)発表の週間在庫統計で原油在庫は予想以上に増加したが、オクラホマ州クッシングの在庫は減少を続けており、原油先物は底堅い動きを見せた。米中関係の悪化は懸念材料だが、世界的な経済再開の動きを好感した買いが増えているようだ。《CS》

広告

広告

写真で見るニュース

  • TORANOTECによる発表の様子。(TORANOTECの発表資料より)
  • マツダ100th Anniv.カフェタンブラー(画像: MZRacingの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「マグネター」のイメージ。(c) CSIRO
  • (c) 123rf
  • (c) 123rf
  • 室内で新型コロナウイルスを含んだ飛沫核が移動する様子(上)と換気によって飛沫核の拡散が防げる様子(下)(画像:クイーンズランド工科大学の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース