Windows 10 May 2020 Update、一般提供開始

2020年5月28日 18:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 Microsoftは27日、Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)の一般提供を開始した(Windows Experience Blog新機能紹介ITプロフェッショナル向け新機能紹介Windows 10リリース情報)。

 現在のところ自動更新での提供は行われず、Windows UpdateではWindows 10バージョン1903/1909を使用しているユーザーが「更新プログラムのチェック」をクリックした場合にのみ提供される。オプションの更新プログラムとしてバージョン2004が表示されたら「今すぐダウンロードしてインストール」をクリックすればいい。ただし当初は提供数が絞られており、今後数週間かけて拡大していくため、更新プログラムをチェックしてもバージョン2004が表示されるとは限らない。

 なお、Microsoftの発表では特に触れられていないが、「Windows 10のダウンロード」ページからWindows 10更新アシスタントを実行すればすぐにアップデートできる。ただし、既知の問題点が10点挙げられているので、アップデートを実行する前に確認しておく必要がある。

 バージョン2004の主な新機能としては、Windows Subsystem for Linux(WSL)2やクラウドからのシステム再インストールなど。Microsoftも新機能を把握していないのか、更新内容を紹介するブログ記事では既に提供されているメモ帳アプリの機能が新機能として紹介されており、ITプロフェッショナル向け新機能紹介記事では「いつ追加されたかわからないが、電卓アプリで計算の履歴が表示されるようになっている」といった記述もみられる。

 一般提供開始に伴って半期チャネルではバージョン2004のサービス期間(18か月)が27日から始まり、バージョン2004がMicrosoft推奨バージョンとなっている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | アップグレード | マイクロソフト | Windows | IT

 関連ストーリー:
Windows 10向けPowerToysがアップデート、コマンドランチャーとキー&ショートカット入れ替えツールが追加される 2020年05月25日
Windows 10 バージョン2004、32ビット版はプリインストール不可に 2020年05月17日
Windows 10 Insider Preview、DNS over HTTPSがテスト可能に 2020年05月16日
Windows 10 バージョン2004 「May 2020 Update」完成 2020年04月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10LinuxWindows Update

広告