(中国)上海総合指数は買い先行もマイナス圏転落、米中対立への懸念が足かせ

2020年5月28日 10:48

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:48JST (中国)上海総合指数は買い先行もマイナス圏転落、米中対立への懸念が足かせ
28日の上海総合指数は買い先行。前日比0.03%高の2847.32ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時40分現在、0.34%安の2836.80ptで推移している。「香港版国家安全法」がきょう28日全国人民代表委員会で採決される予定となり、米中対立の激化懸念が圧迫材料。一方、世界的な経済活動の再開や景気対策の発表などが引き続き指数をサポートしている。《AN》

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース