東急電鉄と京浜急行が高く神奈川県の全職種営業再開が注目される

2020年5月28日 09:28

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■今朝の東京株式市場は日経平均250円高など全般続伸

 東京急行電鉄(東急電鉄)<9005>(東1)は5月28日、反発基調で始まり、取引開始後に1734円(26円高)まで上げて出直っている。京浜急行電鉄(京浜急行)<9006>(東1)も反発し1853円(24円高)。

 神奈川県が、東京都などに先駆けてパチンコやカラオケなどすべての職種の営業自粛を解除したことを受け、株式市場関係者の中には、東京と神奈川を結ぶ電鉄の利用増加に連想を広げて注目する様子がある。

 ただ、今朝の東京株式市場はNYダウの連日大幅高などを受けて日経平均が250円高となるなど全般続伸のため、神奈川県の措置が買い材料になっているかどうか確証はつかめないようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】タカラレーベンは反落も3Q好決算を手掛かりにバリュー株買いの再燃が有望(2020/01/31)
【株式評論家の視点】リックソフトは今2月期第3四半期業績は順調、日柄調整が進むか注目(2020/01/23)
【編集長の視点】CRGHDは2期ぶり最高業績を1Q決算で確認期待を高め3連騰(2020/02/05)
マクアケは20年9月期大幅増収増益予想で1Q順調(2020/02/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング