ジープ・ラングラーに電動開閉ルーフ備えたオープンモデルの限定車登場

2020年5月22日 18:13

小

中

大

印刷

限定車「Wrangler Unlimited Sahara 2.0L Sky One-Touch Power Top」(FCAジャパンの発表資料より)

限定車「Wrangler Unlimited Sahara 2.0L Sky One-Touch Power Top」(FCAジャパンの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • (FCAジャパンの発表資料より)
  • (FCAジャパンの発表資料より)
  • (FCAジャパンの発表資料より)

 FCAジャパンは、ジープの人気オフローダーである「ラングラー」に電動開閉ルーフを備えたオープンカースタイルの特別車両を追加。6月6日より300台限定モデルとして発売すると発表した。SUVとしては珍しいオープンモデルは、多くの注目を集めそうだ。

【こちらも】アメ車不人気の日本で、なぜジープだけが愛されるのか?

 今回ジープが発表したラングラーの特別モデルは、「アンリミテッド・サハラ 2.0L スカイワンタッチ パワートップ」。ボタンのワンタッチでルーフが電動開閉し、オープンカーさながらのスタイルで開放感を味わいながらドライブできる。開閉時間は約20秒と短く、時速96km以下を条件に走行中の開け閉めもできるなど、柔軟に使える機能だ。サンルーフの要領で頭上だけの開閉もできるなど、自由度の高いルーフに注目したい。

 ラングラーを象徴するリアクォーターウインドウの取り外しも可能であり、オープンモデルとしての使用で開放感を引き立てられる。取り外した窓を入れるための専用バッグもセットで入手できる。リアシートの背面に片づけられるなど、置き場所にも困らない。

 従来のラングラーにおけるグレードのひとつ「アンリミテッド・サハラ」をベースとした特別仕様車は、2Lのエンジンから最高出力272PSを引き出す。18インチという大径アルミホイールなども相まって、オフロードや、雨で濡れた路面など特殊な環境でも力強い走りを期待できる。

 省エネ効果も期待できるLEDヘッドライトや、インテリアではタッチパネルモニターを採用したオーディオナビゲーションシステム「Uconnect」など、エコ化や多様化が進む現代のカーライフにも対応。フロント/リアパークアシストやブラインドスポットモニターなどによる安全運転支援もあり、安心感をもちながらジープの名車を操れることも大きい。

 メーカー希望小売価格は620万円。カラーリングはサージグリーン、パンプキンメタリックC/Cなどラングラーのワイルドなイメージに寄り添ったラインナップであり、ジープの名車の新展開に期待がかかる。

関連キーワード特別仕様車SUVジープFCAラングラー

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • 追加された機能のイメージ。(画像: One Tap BUYの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ユープレイスの外観イメージ(ピーアンドディコンサルティング発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース