JFEシステムズは食品統合データマネージメント・ソリューション 「MerQurius(R)」のエントリーモデルを5月20日より販売開始

2020年5月21日 08:27

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◇エントリーモデルでありながら、品質情報管理業務全体をサポートする機能を有するオールインワンパッケージ

 JFEシステムズ<4832>(東2)は、自社開発の食品業界向け食品統合データマネージメント・ソリューション 「MerQurius(R)(メルクリウス)」のエントリーモデル「MerQurius(R) Entry Edition」を、5月20日より販売開始した。

 食の安心・安全にかかわる法令・制度の改正が相次ぐ中、原料規格書収集・管理、商品情報管理の効率化や表示作成業務の技能継承は食品メーカー共通の課題である。さらに昨今の「健康志向」の高まりに伴い、食品品質に対する社会的な高い関心を受け、品質情報管理業務をサポートする商品情報管理システムを導入する食品メーカーが増えている。

 同社はこのようなニーズに対応し、食品メーカーと原料サプライヤー間の原料規格書の収集サービス「MerQurius Net(R) 原料規格書サービス」や、食品メーカーの原料・商品・商品カルテを統合管理する「MerQurius(R)」、食品法規に則った配合計算・表示作成などの情報管理を支援する「Quebel(R)」を提供し、相互に連動させることで、食品メーカーの品質情報管理業務をサポートしてきた。

 さらにこの度、同社はこれらの製品群に加え、小規模ユーザ向けのエントリーモデルとして「MerQurius(R) Entry Edition」の提供を開始した。本製品の特徴は2つある。

 1つ目は、エントリーモデルでありながら、品質情報管理業務全体をサポートする機能を有するオールインワンパッケージである。「MerQurius Net(R) 原料規格書サービス」の原料規格書収集機能から、配合、表示情報管理、商品情報管理、得意先へのカルテ情報管理までを網羅している点である。

 2つ目は、従来「Quebel(R)」のみで提供していた、食品法規に則った自動表示案作成機能を搭載したことである。また価格面も、最小構成:483万円(税抜)からと導入しやすい価格帯となっている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
アルコニックスは調整一巡、21年3月期収益回復期待(2020/02/18)
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告