マウスコンピュータ、サイバー攻撃でメール情報盗まれフィッシングメール送信に悪用

2020年5月20日 20:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 PCメーカーのマウスコンピュータで、社員がサイバー攻撃を受けてメールアカウントを乗っ取られ、そのアカウントからフィッシングメールが送信されていたことを発表したITmedia)。

 同社の購買部社員がフィッシングメール経由で偽サイトにアクセスし、そこでメールアカウントのIDとパスワードを入力してしまったようだ。このアカウントを使って、同社取引先などに対し1220件のフィッシングメール送信が行われていたという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 犯罪 | セキュリティ | IT

 関連ストーリー:
ベトナム政府、新型コロナウイルス対策のため中国政府機関に対しサイバー攻撃を仕掛けていた? 2020年04月28日
ドコモを装ったフィッシングメール詐欺で中国人ら5人逮捕、昨年の被害件数は約500件 2020年04月07日
プエルトリコの政府所有会社2社、フィッシングメールにだまされて合計400万ドル以上を偽口座に送金 2020年02月16日
フィッシング詐欺メールを文面から見破ることは困難との指摘 2020年01月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードフィッシングサイバー攻撃

広告