約1万円のLinux搭載2-in-1タブレットPC「PineTab」、プレオーダー受付開始

2020年5月18日 20:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 コミュニティ主導でさまざまなハードウェアを開発する「PineTab」PINE64プロジェクトが、ARMプロセッサ搭載タブレットPINETABプレオーダー受付を開始したデイリーガジェット)。

 価格は本体が99.99ドル、キーボード付きカバーが19.99ドル。ディスプレイサイズは10インチ(解像度は1280×720)、プロセッサはAllwinner A64 Quad Core SOC、GPUはMali 400 MP2。RAMは2GB、ストレージは64GBといったスペックとなっている。OSはUbuntu Touchで、GUIにはGNOME Shellが使われているようだ(FOSSBYTE)。

 スラドのコメントを読む | Linuxセクション | Linux | モバイル | ハードウェア

 関連ストーリー:
Amazon、Fire HD 8の新モデルを発表。USB-Cポートを採用 2020年05月15日
ファーウェイ、ロシア向けにタブレットを提供か。OSにはロシア製に「Aurora OS」を採用? 2019年08月31日
スマホOSを開発する「Ubuntu Edge」プロジェクト、成果物はすべてオープンソースにする意向を示す 2013年08月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードタブレットLinuxUbuntuARM

関連記事

広告