ピンチをチャンスに転換する! WEBやVRを使った新しいサービスが続々登場

2020年5月17日 19:18

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

積水ハウスのVRで内覧できるモデルルームのイメージ

積水ハウスのVRで内覧できるモデルルームのイメージ[写真拡大]

 新型コロナウイルスは私たちに健康被害をもたらすだけでなく、これまでの生活の価値観や働き方まで変えつつある。

 緊急事態宣言が解除され、普段の生活リズムが戻ってきたとしても、以前と全く同じというわけにはいかない。少なくとも、治療薬などの対策が見つかるまでは、人と会ったり、人が密集するような場所に出かけたりといった行動は、なるべく控える方が賢明だろう。

 幸いにも、現代社会にはインターネットという文明の利器がある。たとえ自宅に居ても、つながりあえる手段はあるし、今回の自粛期間の間も、オンラインでのテレワークやWEB会議、WEB上での名刺交換など、インターネットを利用する新しい生活様式がいくつも発展した。

 また、経済打撃が深刻さを増す中でも、こういった先端技術を活用した様々な取り組みで、状況打破を考えている企業も増えている。

 例えば、住宅メーカーの積水ハウス〈1928〉は、VRやWEB会議を使った住宅相談サービス「おうちで住まいづくり」を始めた。新型コロナウイルスの感染防止で来店の機会が減る中、対面せずに接客できるWEBの活用は顧客にとっても有難いサービスとなりそうだ。また、感染防止だけでなく、子育てが忙しくてゆっくりと打合せがしにくい家庭や、仕事でなかなか時間がとれないような人にとっても有効だろう。

 同社では、スマートフォンを装着してVR体験ができる「VRスコープ」と、プランの希望を整理できる「ヒアリングツール」、住まいづくりのノウハウが詰まった「住まいづくりの教科書」を希望する顧客に無料配布。同社の最新仕様の住宅や、実際に建築された豊富なプランニング実例を360°VRでバーチャル体験できるサービスを提供している。これならば自宅に居ながらにして、オンラインでモデルルームを内覧できる。さらに、希望のプランを作成してもらい、こちらもVRで立体的な空間を確認することができる。在宅勤務によって住宅で過ごす時間が増え、自らの住まいの気になる点、新たな気付きを感じている人も多いだろう。ゆっくり住まいに向き合う良い機会ではないだろうか。4月の資料請求は前年比で約2倍に増えているという。コロナ禍が収束したあとも、便利なサービスとして定着しそうだ。

 他にVRを使ったビジネスサービスで昨年話題となったものとしては、株式会社ジョリーグッドが展開している「VRしごと体験」がある。同サービスは、ディップ株式会社が主催する就職・転職フェア「しごと発見フェア」にて披露されたもので、VRで事前に興味のある企業の業務内容や職場の雰囲気をバーチャル見学できるというものだ。参加者にも好評で、同サービスを導入した企業の面談数は、導入していない企業と比較して1.3倍にアップしたという。

 また、VRは学習の場面でも導入が進んでいる。例えば、英語力の向上を目指すビジネスマンの中で話題になっているのが、日本英語検定協会がリリースしている「売り場のやさしい英会話VR」だ。これは英検が公式に展開しているアプリで、接客業種の人に向けた非常に実践的な英語学習用VRコンテンツだ。スマホでダウンロードすれば、一部無料でも利用できる。バーチャル空間でリアルに近いシチュエーションで英語を学ぶことができるので、紙や音だけで学習するよりも能率が格段に上がる。自粛生活の時間を利用して、英語スキルを伸ばすにはもってこいだ。

 連日、悲観的なニュースばかりが流れて気が滅入っている人も多いだろう。非常事態宣言が解除されても、不安が拭えるわけではない。新型コロナウイルスが我々の社会に及ぼす影響は、まだこれからも増していくだろう。でも、そんな中でも前向きに考えたいものだ。WEBやVRなどの最新技術は、サービスを提供する側にとっても、提供される側にとっても、希望の光となるかもしれない。(編集担当:藤原伊織)

■関連記事
桜の見ごろ。自粛ムードの中、お家でお花見を楽しむ人が急増中
XR及び360°動画市場、5G本格導入で25年までに1兆円市場に
縁の下の力持ち。省エネと安全を叶える画期的な超小型電流センサが登場

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードVR積水ハウス働き方在宅勤務転職英会話ディップ新型コロナウイルス

関連記事