ライフ RSS

 

Twitterが英語学習の習慣化とモチベーションアップに役立つ理由 活用方法は

2020年5月16日 09:49

小

中

大

印刷

 英語を勉強していると必ずぶつかる問題が、学習モチベーションの上がり下がりだ。最初はやる気満々だった英語への気持ちも気付いたら何処へやら。今回はそうした事態にならず、英語学習を習慣化していくためにできる、Twitterの活用方法とそのメリットを紹介する。

【こちらも】英語学習に最適なおすすめ動画配信サービス4選【自宅で楽しく英語学習】

■目標やその日する英語学習内容を宣言する

 Twitterで英語学習の目標や、その日学習しようと考えていることを呟いて宣言することも、英語学習を習慣化する上で1つの有効な手段だ。自分以外の人に宣言することで、宣言したからには少しでも英語学習しなければという気持ちになり、モチベーションが上がる。

 Twitterを利用している英語学習者の中には、朝一番にその日学習する内容を宣言している人も多くいる。そうした人達を見習って、まず自分がしようとしている英語学習計画や内容を呟いてみよう。

■毎日の学習成果を報告する

 目標や計画を宣言することにあわせて、毎日の学習成果を報告することも英語学習を習慣化する上では役に立つ。学習成果を日々報告することで、自分自身の英語学習内容を振り返ることもできるし、翌日以降すべき内容も見えてくる。

また学習内容を報告していると、Twitter上で「いいね」してもらえたり、コメントを貰えるなんてこともあるだろう。そうした「いいね」やコメントなどのちょっとしたことが英語学習のモチベーションアップにも繋がったりする。

■刺激が得られる

 Twitter上では日々沢山の人たちが英語学習をしているので、そうした人たちのツイートを見たり交流をすることで、多くの刺激を受けられる。疲れていたり、英語学習に対するモチベーションが下がり気味の時であっても、頑張っている人たちの呟きを見ることで、自分も頑張ろうという気持ちが湧いてくる。

■励ましが得られる

 Twitterを使いながら英語学習を続け、Twitter上の英語学習仲間とコミュニケーションをとっていると励ましを得られることもある。「最近なんだかモチベーションが湧かないんだけど。」なと呟けば、英語学習仲間がきっと励ましの声をかけてくれるはずだ。

 他にも学習内容でわからないところが出てきたらその内容を呟いてみてもいい。きっと英語に詳しい諸先輩方が親切にその内容に答えてくれるはずだ。

 Twitterを使って英語学習仲間を作ることで、一人で英語学習をするよりも間違いなく楽しく英語学習ができるようになるはずだ。また、英語学習が楽しくなる結果として、学習の習慣化も容易になるだろう。これまで英語学習が続かなかった人や、これから英語の勉強を始めようと考えている人はぜひとも、Twitterを使ってみて欲しい。(記事:佐藤辰則・記事一覧を見る

関連キーワードTwitter