特許庁、特許文献検索システムに関する特許を取得

2020年5月15日 08:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 特許庁が特許文献検索システムの特許権を取得した(経済産業省の発表PC Watch弁護士ドットコムニュース)。特許庁が特許を取得するのは初めてだそうだ。

 この特許は、言語および特許分類の種類が様々である世界中の特許文献を、希望する言語や特許分類で一括して検索することを可能とするシステムに関するもの。この管理システムは「アドパス」と名付けられており、その商標も出願しているという。

 弁理士の栗原潔氏によると、出願人は特許庁長官となっているという。また、過去に経済産業大臣や総務大臣が権利者となっている特許は過去にもあるという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 日本 | パテント | 政府

 関連ストーリー:
米特許商標庁、特許出願書類にAIを発明者として記載することはできないと判断 2020年05月04日
2019年の国際特許出願件数、中国が米国を上回る 2020年04月13日
先端技術に関連する特許の出願数、10分野中9分野で中国がトップ 2020年02月14日
AIを発明者として申請された特許出願、欧州で却下される 2020年01月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード経済産業省特許

広告

財経アクセスランキング