日清食品、独自開発の専用麺使いラーメン宅配サービス 東京・大阪で

2020年5月13日 17:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 日清食品が新たに開発した麺やスープ、具材を使ったラーメン宅配サービス「RAMEN EX」を発表したITmedia)。

 有名店「一風堂」や「すみれ」、「ますたに」、「無鉄砲」などと共同開発したメニュー(各1,080円)と日清食品オリジナルのもの(1,380円)が用意され、いずれも独自のパッケージで配達される。配達は「Uber Eats」および「出前館」のサービスを利用する。届いたラーメンは電子レンジでの加熱が必要だが、「お店で食べるラーメンと変わらない本格的な味わい」が楽しめるという。

 まずは東京と大阪でサービスを開始し、その後全国への拡大も検討しているようだ。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | ニュース

 関連ストーリー:
日清食品、「サッポロ一番」で知られるサンヨー食品を提訴。「ストレート麺」特許の侵害を主張 2012年12月04日
日清食品、栄養素入り麺「All-in NOODLES」を発表 2019年08月07日
Uber、今年の夏からドローンでのハンバーガー配達を開始。サンディエゴからスタート 2019年06月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードラーメン一風堂日清食品

広告

財経アクセスランキング