経済 RSS

 

電力スポット取引価格、「ほぼ0円」が発生

2020年5月12日 08:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 電力の取引価格、大幅に減少

 2005年より卸電力市場が創設され、電力の取引が行われるようになっているが、この取引を仲介する日本卸電力取引所における取引価格が0円に近くなる事態が発生している(読売新聞日経新聞)。

 取引所における取引価格は需要と供給によって決まるが、最近では正午近くに取引価格が0.01円になる事態が連日のように発生しているという。これは、新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動の低下によって電力需要も減少していることが影響しているそうだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ビジネス | 電力 | お金

 関連ストーリー:
世界の石炭火力発電所、今年はほぼ半数が赤字との推測 2020年04月14日
経産省、太陽光電力全量・固定価格買い取り制度の終了を検討 2019年06月14日
P2P型の電力売買プラットフォーム「Brooklyn Microgrid」 2017年05月13日
豪州電力危機、電力取引市場価格150倍へ高騰 2016年11月18日
新型コロナ感染拡大で「触れないためのグッズ」が続々登場 2020年05月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード新型コロナウイルス

広告

財経アクセスランキング