トッズ、2020年秋冬メンズコレクション 実用主義にアヴァンギャルドな魅力を融合

2020年5月7日 17:13

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 トッズ(TOD'S)は、2020-21年秋冬メンズコレクションを発表。

■実用主義に反骨精神をミックス

 クリエイティブ・ディレクターのヴァルター・キアッポーニにとってデビューコレクションとなる今季のトッズは、ブランドの原点へと立ち戻り、実用主義にノーブルな反骨精神をミックスさせる。

描き出すのは、オーセンティックなアイテムを身に着けていながらも、アヴァンギャルドな魅力にあふれた男性のイメージ。伝統的な素材であるクロスやコットンをはじめ、キッドモヘア、レザー、テクニカルナイロンなどを採用した、クラフツマンシップの光るアイテムの数々が揃う。

 ベージュのトレンチコートは襟や袖にレザーのパーツを配し、アクティブさをプラス。鮮やかなインディゴブルーのデニムパンツと組み合わせ、躍動感のある装いを形作る。艶やかなブラウンレザーのジャケットやカーキのブルゾンは、裾にリブを配したコンパクトな仕立てで、軽やかな雰囲気を演出する。

■端正なシルエット

 注目したいのは、端正なシルエットだ。キャメルやスモーキーなブラウンのチェスターコートは、身体に沿うようなフォルムを描き、自然体でリュクスなムードに。チャコールグレーのセットアップや、ブラックのダブルジャケット、グレーのセンタープレスパンツといったウェアもまた、優雅さを保ちつつコンフォートな佇まいを見せる。

 ムートンやシアリングのジャケットは、素材の分量感と仕立ての絶妙なバランス感で洗練された印象を描き出す。グレーのニット、パンツに重ねたムートンジャケットは、ダイナミックな襟の造形と、前を開けて着た時の立体感が印象的。柔らかなシアリングのシャツジャケットは、ポケットや合わせの部分を滑らかなレザーで切り替えることで、シャープなアクセントを加えた。

■ディナージャケットにも遊びを

 ピークドラペルのディナージャケットは、オールブラックで統一したデザインと、白黒のバイカラーを採用したモデルが登場。いずれも袖口を折り返して着ることでわずかなラフさを見せ、フォーマルさに遊び心を効かせている。

■ブーツ「ウィンター ゴンミーニ」なども

 カジュアルに足元を飾るのは、スエードやカーフスキン、シープスキンなどで仕立てたブーツ型ドライビングシューズ「ウィンター ゴンミーニ」。温かみのある表情豊かな風合いが魅力だ。また、厚みのあるラバーソールを配したローファーや、ヴィンテージ スタイルのスニーカーなども登場。アーカイブから見出された「T タイムレス」は、ローファーのエナメルバックルやレザーバッグの留め具として、象徴的に用いられた。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードスニーカートッズ(TOD'S)

広告

写真で見るニュース

  • TORANOTECによる発表の様子。(TORANOTECの発表資料より)
  • マツダ100th Anniv.カフェタンブラー(画像: MZRacingの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「マグネター」のイメージ。(c) CSIRO
  • (c) 123rf
  • (c) 123rf
  • 室内で新型コロナウイルスを含んだ飛沫核が移動する様子(上)と換気によって飛沫核の拡散が防げる様子(下)(画像:クイーンズランド工科大学の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース