ボーイングとエンブラエルとの事業統合、中止に

2020年4月28日 19:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 事業統合を目指して協議を行っていた米Boeingとブラジル・Embraerだが、協議はまとまらず事業統合は白紙になったようだ(BloombergAviation WireAFPBoeingの発表Embraerの発表日経新聞)。

 まあ、737MAX大量在庫問題からの回復が、新コロナパンデミックで予定の数年先に遠のいたので、最早合併どころじゃなくなったからか。

 BoeingはEmbraerが必要条件を満たさなかったと主張。これに対しEmbraerはBoeingが不当に合意を破棄したとして主張、お互いを非難する状況となっている。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | ニュース

 関連ストーリー:
エアタクシーに向けたエアバスとボーイングの取り組み 2017年10月10日
ボーイング737 MAX、設計上の問題が新たに見つかったとの報道 2020年01月07日
ボーイング、新CEOを指名 2019年12月27日
ボーイング、777Xの胴体組み立てロボットの導入を諦めて手作業に戻す 2019年11月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードボーイングエンブラエル

広告