デルタフライ・ファーマが再びストップ高、末期肺がん薬候補「DFP-14323」の開発進展に期待強まる

2020年4月23日 11:03

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■第3相臨床試験に移行する見通しとの20日発表から急伸商状

 Delta-Fly Pharma(デルタフライ・ファーマ)<4598>(東マ)は4月23日、再び急伸し、10時30分にかけてストップ高の1790円(300円高)に達した。2日ぶりに年初来の高値を更新している。

 4月20日の13時過ぎ、開発中の「DFP-14323」(適用:末期肺がん、経口剤)について、第3相臨床試験に移行する見通しになったと発表した。株価は直後から急伸し、この日から2日連続ストップ高。23日は、この新薬の実用化への期待が再燃したとされ、値動きの軽さなどに注目する動きも強いようで再び急伸した。上げに弾みがついてきたとの見方も出ている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。