新型コロナ関連の迷惑メールが大きく増加

2020年4月22日 20:23

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 コロナウイルスによる新型肺炎(COVID-19)の世界流行に乗じて、それに関連するフィッシングメールやスパムメールが増加しているそうだ(BBCZDNetSlashdot)。

 Googleは毎日約1億通のフィッシングメールをブロックしているが、そのうち約2.5%がCOVID-19関連のフィッシングメールで、4月第2週にGoogleがブロックしたCOVID-19関連のフィッシングメールは合計で約1800万通に上るそうだ。また、COVID-19関連のスパムメールも増えており、過去一週間分のスパムメッセージのうち、約5分の1がコロナウイルスに関連するもので、一日にブロックするメッセージは毎日2億4000万通にも上るそうだ。

 ほかのサイバーセキュリティ企業の調査でも、今回のパンデミック中に悪意のあるフィッシングメールは667%増加したとしている。こうした悪質なメールなどに対抗するため、Googleは「Gmail」のセキュリティ機能に機械学習モデルを適応させている。これにより、99.9%以上がユーザーに届かないようにブロックできると主張している

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 犯罪 | Google | インターネット

 関連ストーリー:
世界の迷惑電話、18%も増加 2019年12月05日
Office 365のセキュリティ機能、組織に送られたスパムメールの25%を見逃す 2019年04月17日
ソフトバンクの迷惑メールフィルタに不具合、約1030万通を誤削除 2018年09月25日
郵便はがきを使った架空請求詐欺が急増 2018年07月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティGmailフィッシング

関連記事