優しい涙が止まらない 映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ

2020年4月20日 09:12

小

中

大

印刷

記事提供元:あにぶ

優しい涙が止まらない~映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ

優しい涙が止まらない~映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ[写真拡大]

写真の拡大

記事提供元:アニメコラムサイト|あにぶ

 きみも、すみっコ?

 皆様は「すみっコぐらし」というキャラクターをご存じでしょうか?「たれぱんだ」や「リラックマ」などのゆるキャラを続々と生み出している「サンエックス」のキャラクターです。見た目はとても愛らしくゆるゆるな雰囲気ですが、「部屋の隅を好む」「ちょっとネガティブ」というちょっぴり闇を感じる設定がありますが、「自分に似ている」「これ、あるあるだ…」と共感する部分があり、その点でも人気の高いキャラクターです。

 今回はそんなすみっコたちと、とある「ひよこ」のお話、「映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」を簡単にご紹介します。

このページの目次
1 メインのすみっコたち2 ひよこ、きみは一体どこから来たの?3 どうしてこんなに泣けるのか?4 誰と観ても楽しめる作品!

■メインのすみっコたち


 「しろくま」は愛用のふろしきをいつも持ち歩いており、シロクマでありながら寒いのが苦手です。人見知りな性格をしています。
「ねこ」は恥ずかしがり屋で、作中にて隅っこを見つけたときに同時にやってきたしろくまに隅を譲るような謙虚なところがあります。気付けばいつも爪を研いでおり、それが今作では重大な行為に…!

 「とんかつ」は、食べ物のトンカツの一番端っこの部分で、お肉1%、脂肪99%で構成されています。同じく残り物である「えびふらいのしっぽ」と仲が良く、いつか誰かに食べてもらいたい、という夢を持っています。

 「とかげ」は、実は恐竜の生き残りであり、その正体が知られてしまうと捕まってしまうのでとかげのふりをしています。ナメクジでありながらカタツムリのふりをしている「にせつむり」とは気が合うようでいつも一緒にいます。

 「ぺんぎん?」は自分が何者なのか?と自分探しをしており、昔は頭にお皿が乗っていたような…?という記憶と、きゅうりが好きなことから……これは視聴者の方のご想像にお任せします、ということでしょうね。(笑)

 その他にも「ざっそう」「たぴおか」「ほこり」などの可愛いキャラクターが登場します♪

■ひよこ、きみは一体どこから来たの?


 喫茶店にやってきたすみっコたちは、喫茶店の地下室にあった不思議な絵本に吸い込まれてしまい、そこで灰色の「ひよこ」に出会います。ひよこはすみっコたちから、おうちは?なかまは?と聞かれますが、答えられません。自分探し中の自分と通ずるところがあったぺんぎんは、この子のおうちを探してあげよう!と提案し、みんなでひよこのおうちを探す、というのが大まかなストーリーになります。

 「桃太郎」や「赤ずきん」、「人魚姫」など様々なお話の世界を巡り、最終的に彼らが行き着いた先でわかる、ひよこの正体……その目で是非、確かめてください!

■どうしてこんなに泣けるのか?


 ひよこの正体が判明した時点で筆者はすでに涙が止まりませんでしたが、その前に「わるものかな…?」と思っていたキャラクターの優しい姿を見た瞬間にその純真さ、あたたかさに涙がこぼれました。

 すみっコたちも、絵本の住人も、みんな優しさで満ち溢れています。ネガティブなのに、でもちゃんとまっすぐな優しさを持っています。そして物語の最後、すみっコたちがひよこのためにしてあげた行動で……思い出しただけでも涙ぐんできました。

 普段アニメを観てそこまで泣かない筆者でしたが、久々に号泣しました。悪もなく、死もなく、どこまでも優しい世界で流す涙。視聴後はきっとすっきりとした気持ちになれると思います……!

■誰と観ても楽しめる作品!


 映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ|Amazon

 ナレーションはV6の井ノ原快彦さんと本上まなみさんです。井ノ原さんの優しい声とツッコミ、本上さんの優しい語りに癒されました♪

 すみっコたちには声はついておらず、台詞は文字で表現されていました。これは原作者さんが「すみっコたちに声をあてるとファンが違和感を抱く恐れがある」との指摘から、だそうです。確かに、今まで声がついていなかったキャラクターに声がつくと「想像してたのと違う」と気になってしまう方もいるでしょうし、とても良い判断だと思いました。文字の表示だと観ていてとても分かり易いですし、自分が抱いているすみっコのイメージを損なうこともないのでその点でもお勧めです!

 最近泣いてない…癒されたい…という方に是非観てほしい作品です。すみっコぐらしを知らなくても楽しめる作品になっているので、この機会に視聴してみてください。大人でもお子さんでも、幅広い年齢層に伝わる物語です♪

 文章:kyouei-のいせ

 CLANNAD(クラナド)は楽曲も泣けるんです!

 ごちうさ×リラックマ×すみっこぐらしで遊んでみた結果、可愛すぎた!

(あにぶ編集部/あにぶ編集部)

情報提供元:あにぶは、アニメのおたくな情報やアニメのニュースを初め、アニメのコラムなどを配信しているアニメコラムサイトです。

関連キーワードゆるキャラ

関連記事

広告

財経アクセスランキング