ライフ RSS

 

新型コロナの外出規制は2022年まで必要となるとの予測

2020年4月16日 08:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 米ハーバード大学の研究チームは14日、新型コロナウィルスによる医療崩壊を防ぎつつ集団免疫の獲得を目指す場合、外出規制は2022年まで続ける必要があるとの論文を発表した(朝日新聞Science誌掲載論文)。

 研究チームでは、米国での一般的なコロナウィルス(風邪)の毎年の感染状況から、2025年までの感染者数の推移を推定。多くの人が感染して、集団免疫が獲得され流行が抑えられるまでの期間を調べた。その結果、今回の流行が終わった後も、外出規制を一度だけで解除すればすぐに第二波の流行が来ることが判明。医療崩壊を阻止するように外出規制を行うと、集団免疫の獲得には2022年まで掛かることが分かったという。

 ただし、例えば新たな治療法やワクチン、また医療体制の拡充でこの期間を軽減できるともしている。一方で流行が収まっても、2024年までは再流行の可能性が続くため注意が必要だという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 医療

 関連ストーリー:
7都県を対象にCOVID-19に関する緊急事態宣言 2020年04月08日
新型コロナウイルス感染者に「免疫」ができるかどうかはまだ分からない 2020年04月15日
米国北東部の大気汚染が大幅に減少。新型コロナの感染拡大による経済停滞が原因か 2020年04月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードハーバード大学

関連記事

広告