ライフ RSS

 

新型コロナの影響で、副業を行う人が増加!? 今すぐ始める方法は?

2020年4月14日 15:58

小

中

大

印刷

 在宅勤務を推奨されたり、勤務時間が短縮されたりと、様々な形で働く人へ影響を与えている新型コロナウイルス。その余波として、現在副業を始める人や検討している人が増えているようだ。

【こちらも】自分にあった副業を選択しよう 副業を始める前に押さえておきたい仕事選びのコツ

 日本・世界経済への不安などを理由に、自分で稼ぐ手段を確保したい人が増えているのはもちろん、余った時間を有効活用したいという考えもあるだろう。

 確かに、勤務時間が短縮されればその分時間は増える。また、在宅勤務となると通勤時間がカットされるため、その時間を副業に充てることもできるだろう。そのような考えに至った人が、スキルシェア系のサイトに登録して、副業を楽しんでいるようだ。

 例えば、スキルシェア系のサイトで最大手のものとして「ココナラ」があげられる。利用ユーザーも多く、活発にスキルの売り買いがされている。

 ちょっとしたスキル・経験・知識が副業になるのが特徴で、「似顔絵・イラストを描く」「占いをしてあげる」「企画書のデザインにアドバイスをする」「転職の相談をうける」など、自分が本業で行っているものを活かしたり、趣味として行っているものを活用したりと可能性は無限大。

 他のスキルシェア系サイトに比べても、多種多様なものが出品されているたる、あなたの何かのスキルが人の役に立つはずだ。

 少し趣向は変わるが、「ストアカ」というものもおすすめだ。ストアカは、自分の持つスキルや語学力、得意なことなどを教える「講師」に誰でも気軽になれるサービス。教えたい人と学びたい人を繋ぐ学びのマーケットとして、登録ユーザーは40万人以上、登録講師は2万5000人以上もいる。

 これまでは対面の講座を主に取り扱っていたが、新型コロナによる外出自粛要請などの影響により、オンライン会議ツールを用いたオンライン講座を推奨している。全国各地の学びたい人に対して、自分のスキル・経験をもとにした講義を開くことができる。

 以上のように様々な方法で、空いた時間を活用して副業を始める人が増えている。外出することなく、自宅でできる新しい副業として、ぜひ一度検討してみてはいかがだろうか。(記事:後藤遼太・記事一覧を見る

関連キーワード在宅勤務副業新型コロナウイルス

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「ランキング通知」の画面イメージ。(画像: LINE証券株の発表資料より)
  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
 

広告

ピックアップ 注目ニュース