アイスタディが社名を変更、5月から「株式会社クシム」に

2020年4月10日 11:51

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■eラーニング・休校・家庭学習株の人気とは別角度から注目集める

 アイスタディ<2345>(東1)は4月10日、再び急伸し、11時を過ぎて21%高の1530円(267円高)をつけ出直りを強めている。9日、社名変更を発表し、これまでのeラーニング・休校・家庭学習関連株としての注目とは別角度から注目されている。

 5月1日をもって「アイスタディ株式会社」から「株式会社クシム」に社名変更するとした。「HRTech×EdTechの分野で日本を代表するソリューションカンパ二ーを目指し、第2の創業期として一層の成長加速を志す。「クシム」は、現在確認されている人類の記録の中で、現存する世界最古の人名だという。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)
【編集長の視点】スペースバリューHDは2Q上ぶれ業績を見直し3Q決算に期待して続伸(2020/02/07)
インテージホールディングスは調整一巡、20年6月期3Q累計順調(2020/02/14)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想(2020/02/14)
クレスコは上値試す、20年3月期3Q累計順調で通期上振れ余地(2020/02/14)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング