Microsoft、「corp.com」を購入

2020年4月10日 08:30

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 以前『世界一危ないドメイン「corp.com」、約2億円で売りに出される』という話題があったが、Microsoftがこのドメインの購入を行なったとのこと。 セキュリティ研究者のBrian Krebs氏が米国時間4月7日に伝えた(ZDNetKrebs on SecuritySlashdot)。

 先の記事でも報じられていたが、Windowsのネットワーク管理機能であるActive Directoryでは「corp」という名前がデフォルトのローカルネットワーク名として使われていたため、「corp.com」というドメインには世界中の端末から様々な情報が送信される状況になっていたという。

 ZDNetがcorp.comに関してMicrosoftに照会したところ、同社は「顧客のセキュリティ強化に向けた継続的なコミットメントの一環として、corp.comドメインの獲得も実施した」と回答したそうだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | マイクロソフト | インターネット

 関連ストーリー:
世界一危ないドメイン「corp.com」、約2億円で売りに出される 2020年02月19日
米国政府が使用している.govドメインは簡単に取得できる 2019年12月02日
都道府県型ドメインを使って紛らわしいドメインを作れる問題、今度は「zei.tokyo.jp」ドメインが登場 2016年12月16日
.orgドメインを管理している組織が投資ファンドに売却される、料金値上げの懸念 2019年11月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティMicrosoftWindows

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 昨年公開されたRAV4 PHVの米国仕様である「RAV4 Prime」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ダイハツ「ロッキー」(画像:ダイハツ工業発表資料より)
  • RSプロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • Disk画像の一例 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース