【特集】万が一に備えて信用保証関連株をマークするのも一考余地

2020年4月6日 09:10

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 「最悪シナリオ」を前に回避期待で動意付いた銘柄がある。販売債権買取のイー・ギャランティ<8771>(東1)やクラウド型の与信管理サービスを提供するリスクモンスター<3768>(東2)などが、いずれも今年3月に突っ込んだ年初来安値から5割高の底上げに転じた。新型コロナウイルス関連株は、急速に深掘り、横展開が進んでいるだけに、万が一に備えて信用保証関連株をマークするのも一考余地がありそうだ。

■先駆株のイー・ギャランは5割高し同業他社の追随待ち

 イー・ギャランティの株価が、年初来安値から5割高と底上げ転換したのは、公的機関の窓口に資金繰り相談が急増していると報道されたことが引き金で、同社自体も、今年3月9日から販売債権の買い取りによる資金供給事業をスタートさせた。同業他社への人気波及が予想され、全国保証<7164>(東1)、三井住友トラスト・ホールディングス<8309>(東1)、東京センチュリー<8439>(東1)、ジャックス<8584>(東1)などは、いずれも年初来安値から売られ過ぎ修正で3割高して一服場面にあるが、上昇第2波発進をサポートしよう。

 またラクーンホールディングス<3031>(東1)は、今2020年4月期第3四半期の好決算にもかかわらず通期業績の据え置きを嫌ってストップ安し、その安値から越境ECで抗菌・除菌製品が好調に推移しているとして今度はストップ高し7割高しスピード調整中である。売掛金保証、家賃保証などの保証残高が積み上がっていることを手掛かりに再騰に弾みをつけそうだ。

■債権管理システム関連のクラウド株も株式分割含みなど多士多彩

 リスクモンスターに続くインターネットで債務管理・債権管理システムを提供するクラウド株も多士多彩である。オービック<4684>(東1)は、前週末3日に2020年3月期業績の2回目の上振れ観測報道で一時、500円高し、ビジネスブレイン太田昭和<9658>(東1)も、今年3月30日に2020年3月期業績の上方修正、増配とともに株式分割(1株を2株に分割、基準日6月30日)を同時発表し、年初来安値からは6割高している。

 このほか東計電算<4746>(東1)、大塚商会<4768>(東1)、ミロク情報サービス<9928>(東1)は、年初来安値からのリバウンドは下げ過ぎ修正の2割強にとどまっており、追随して本格的な上値追いが近そうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【株式評論家の視点】北の達人コーポは「刺す化粧品-ディープパッチシリーズ」が大ヒット、700円割れが下値として意識(2020/01/16)
【ブロックチェーン・STO関連銘柄特集】新たな金融サービスの広がりに期待(2019/12/11)
【株式評論家の視点】プレナスは通期業績予想を据え置き、配当利回り3%(2020/01/18)
USEN-NEXT HOLDINGSは上値試す、20年8月期営業・経常増益予想(2020/02/14)
【株式評論家の視点】エクスモ―ションは新事業領域への進出睨み投資活動を計画、CASE関連として見直される可能性あり(2020/01/22)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 昨年公開されたRAV4 PHVの米国仕様である「RAV4 Prime」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ダイハツ「ロッキー」(画像:ダイハツ工業発表資料より)
  • RSプロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • Disk画像の一例 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース