Microsoft、新Microsoft Edgeに垂直タブ機能追加を計画

2020年4月3日 20:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 MicrosoftがChromiumベースの新Microsoft Edgeに垂直タブ機能の追加を計画しているそうだ(Windows Experience Blog)。

 この機能は、「新Microsoft Edgeに乗り換える10の理由」の2番目としてWindows Experience Blogで紹介されたものだ。ブログ記事に掲載されているGIFによると通常は水平のタブストリップが表示されており、タブストリップ左端のボタンをクリックすることでサイドバーのように垂直タブ表示に切り替わる。GIFではタブの数が少ないため、タブの数が多い場合のスクロール動作といったものは確認できない。

 Chromium系のブラウザーはタブの数が多くなるとタブの幅がどんどん狭くなっていき、最終的にはみ出してしまうため、視認性や操作性が大幅に低下するのが難点だ。スラドではGoogle Chromeでタブストリップをスクロール可能にする機能の開発が進められていることが2018年11月に話題となったが、バグリポートには同様のバグリポートが次々とマージされるだけで進展している感じはない。

 Microsoft Edgeの垂直タブ機能は、今後数か月のうちにInsiderチャンネルでテストが開始されるとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | GUI | マイクロソフト | インターネット | Chromium

 関連ストーリー:
Chromeウェブストア、新Microsoft EdgeユーザーにGoogle Chromeを推奨するのをやめていた 2020年03月13日
Chromeウェブストア、新Microsoft EdgeでアクセスするとGoogle Chromeを推奨 2020年02月22日
ChromiumベースのEdgeはChromeと完全に互換性がある訳ではない 2020年02月13日
新Microsoft Edge、望ましくない可能性のあるアプリケーションのダウンロードをブロックする機能を追加へ 2020年02月04日
Google Chromeのタブ機能は改善するか 2018年11月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleMicrosoftWindowsChromeMicrosoft EdgeChromium

広告