1990年代のPC用拡張カードのレゴブロック版、LEGO Ideasでの提案が人気集める

2020年3月29日 09:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

LEGO GroupのクラウドソーシングプログラムLEGO Ideasで1990年代のPC用拡張カードのレゴブロック版が提案されている(Windows Centralの記事)。

提案されているのは3dfx Interactiveの3Dアクセラレーターカード「Voodoo 3D」と、Creative Labsのサウンドカード「Sound Blaster Pro 2」の2点。Sound Blaster Pro 2はISAバス接続だ。2点とも最初の60日間で100人のサポーターを集め、365日の提案期間延長を獲得している。Voodoo 3Dは残り416日でサポーター861人、Sound Blaster Pro 2は残り410日でサポーター452人と高い人気を集めており、実際にはいずれも数日で100人を超えたようだ。期間内に1,000人以上のサポーターが集まれば商品化が検討される。 

スラドのコメントを読む | idleセクション | ハードウェア | 変なモノ | idle | おもちゃ

 関連ストーリー:
海に流れ込んだレゴブロック、海洋環境に最大1,300年残ることを示す研究成果 2020年03月22日
レゴブロック版の国際宇宙ステーションが発表される 2020年01月26日
レゴブロックを積み重ねた構造、超低温下で非常に高い断熱性を示す 2019年12月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクラウドソーシング

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース